会社辞めた!30代独身女の生活

会社を辞めたので生活環境を変えて生きていきます

無職の徒然生活ブログ

保留の話

退職を伝えてから、1週間が経とうとしている。

 

結論がまだ出ていない。

 

でも頭の中ではわかっている。

 

ずっとこんな調子で胃の調子が悪くなってきた。

暑さによる冷たいものの摂りすぎも原因の一つでけど。顔で笑って心で泣いてとはこんな状況なのかもしれないと思う。

 

仲良くしてくれている先輩には言い出せていない。わたしにとっては、表面上だけだったとしてもわたしを理解しようとしてくれている人なのでむげにはできないのだ。

 

人間関係は本当に難しいってこんなとき思う。

 

いろんな形で問題が現れてくるから、逃げてもまた違う形で出てくる。

 

 

問題ととらえる自分の心が問題ってよく心理学的な感じの本には書かれているけど、それはその時によって問題と感じることが違うから、いろいろ形を変えたように感じてしまうんだなと思う。

 

歳を重ねて成長したところもあれば、若い時には普通にあった闘争心や、意欲、体力が今はもうない。

だから問題ととらえるところも若い時とは違っていて当然なんだろう。

 

 

それでも、ひとつ引っかかりが存在している。

 

20代と違うから、とか、転職が難しい年代だからとかそんな理由だけでいろんなことを諦めてしまっていいのだろうか。

 

毎日、自分があまり得意としないことをし続けて評価もされずに小さな会社に埋もれて30代を終わらせてもよいのだろうか。

 

40代になればもっとこんな気持ちは大きくなってしまわないだろうか。そして取り返しがつかなくなってしまうのではないかと思うのだ。

 

自己評価も低いまま、どんどん年齢だけを重ねてしょぼくれて生きていくことになるのだろうか。

 

 

独身だから、家庭を守るとかそういうことには無縁だけどその分もっとやりたいことをやれるはずなのだ。なのにしないのはどうしてだろう。