会社辞めた!30代独身女の生活

会社を辞めたので生活環境を変えて生きていきます

無職の徒然生活ブログ

明日までに

結論。明日出すことになった。

 

わたし的にはとてもよいタイミングだと思っている。体制が変わるからだ。

 

また一から始めることになる。

人間関係も一から始まる。

 

後一年は続けて欲しい。

 

そう上司から言われた。

 

 

辞めた後にこの会社に戻りたいと言っている人もいっぱいいたよ。

すごくゆるい会社だから。

給料は安いけどボーナスも一応あるし。

就業時間が短いのもポイント。

長く安定して働けるところを探してここにきたんだよね。

結婚や出産しても続けられるようにするから。

後一年だけやってみてダメだったら諦めるから。

せっかく仕事覚えたのに。

10月から会社の体制を変えてやりたいと思っているから、次の人に引き継いでから辞めて欲しい。

 

まだ、若いんだから勉強なんて来年からでもできるでしょう。

 

評価は体制が変われば、もっとわかりやすい形で現れるから云々…

 

 

わたしは、

 

後一年だけいれば良いのか。

 

もう決して若くはないのだが。

アラフォーに入るんだから。

 

 

今までコロコロとやりたいことを変えてきた。

 

自分自身を客観的にみると一つのことをし続けたいと思う。でも裏で好き放題文句を言われ続け、引き継ぎが発生したらまた文句言われる。

 

過去に一度、退職した担当者から引き継いだ仕事があった。一通り処理ができるようになったので、今度は別の人に引き継ぎすることとなった。

わたしはまだ退職していないので共同で処理に当たるのだが。

その際、説明している最中から勝手に操作されてしまい、やり直さないといけないことがあった。それを勝手に怒っている人がわたしの先輩である。笑

 

処理内容に納得できない

という言い分だが、わたしも先輩の言い分に納得していない。

 

言われた通りにしていれば、特に問題なくできる作業だったから、そんなことで納得できないとわーわー言われても後輩の身分のわたしには???だった。

先輩が言いたいことは分かるけど。

それは直接あなたが顧客に言ってくれればわたしも助かったのだが。

 

良い言い方をすれば、無駄をなくして効率の良さを重視する仕事ができる先輩だから貴重なご意見なのだが、顧客が必要だと思う資料だから、仕方ないのだ。と、わたしは思っていた。

 

結局のところ、その作業は主にわたしの役目になったんだから、もうどうでもよい。

 

 

でも今なら引き継ぎとかあんまり必要ないからそこまで言われることはない。

 

 

金銭的なことでは辞めて後悔したことは色々あった。転職するたびに給料が少なくなっていっているから。あ、あんまり変わらないのかもしれないけど。1社目の正社員時代が一番良かったからそう思うだけなのかもしれない。

 

それでも辞めて良かったこともあって。

 

変なしがらみとか仲良しグループを作らないといけないとか、女だらけの職場ばっかりだったからかな笑

 

私は嫉妬しないと言いながら嫉妬心むきだしで不機嫌になる人。

男の人が相手だと態度がころっと変わる、自称男っぽいところあるから私〜と言う人。⇨意味がわかりません。

でもそんな人に目がいくということは、私にもそんな一面があるということだな。。。

 

新しく仲良くする人とは、新しいからちょっとワクワクしたりする。また新たな人間関係を築ける。という期待と不安が入り交じる気持ち。

 

この会社でもそんな気持ちだったかな。

いや、そうでもなかったのかな…。

ちょっと違うと思ったのかもしれない。

最初あまり良いイメージが無かったからね。

 

この回想は後日に記しておこうっと。