会社辞めた!30代独身女の生活

会社を辞めたので生活環境を変えて生きていたのですが、絶賛就職活動中の無職の雑記ブログです。

【夢占い】大学の単位が足りないのは、自信のなさの現れ。

無職の近況についてひとりごと

 

無職になってからも何かといろんな不安を抱えててその原因が今ひとつはっきりしていなかった。お金の心配はもちろんであるが、心の中で毎日何かが引っかかっている。

 

今の日常は、仕事ではないのに仕事のようにブログを書きつづけている。書いているだけで中身は雑記のほかならないけど笑。

 

家の断捨離を実行してみたり(まだ服だけだけど)、今まで思っててできなかったことをやっていく。最近は季節も良くなったから寝起きもいいし、低気圧による頭痛とか仕事とか将来の不安で眠れないとかいうのも減った。

 

体調が良くなったし日々の生活の中だけなら安心感はあるけれど達成感が今ひとつ足りない。断捨離が思ったほど進んでないからかな?などと思いながら。

 

4月に入ってから、一応ハローワークにも行ってみている。中途半端にしている勉強と称してサイト作成をしたり、コーヒー豆を買いに行って結構な金額を使ったり、断捨離中だから雑貨類は買い物を控えている。あ、国内旅行へは2回行った。

 

私自身はこの無職期間を有意義に過ごせていると思おうとしている。無理矢理に。

 

大学の単位が足りない夢をみる

会社を辞める前くらいから、夢でなんども見るのが大学の単位が足りなくて焦っている夢。

 

実際、私の大学生活はほぼ遊びとバイトで消費された4年間だった。留年だけは避けたいという気持ちでいたけれど1回生の時の必修科目を4回生の時まで引きずっているものがあった。他にも4回生の時点で卒業までに30単位必要だった。ギリギリで4回生に上がったからね…。

 

3月、無事単位をきっちり取れて卒業できるとわかった時は感無量だった。

 

その当時は前々からこの必須科目が足りないとか、卒業単位まであといくつ必要かというのは把握していた。授業も多めに取っておかないとどれを落としてしまうかわからないから卒論と並行して登校したりしなかったり笑。

 

みんなが就職活動で学校に来なくなっても私は普通に行っていた。就職活動よりも前に大学を卒業できるのかどうかだけが大事だった。でも当時は本当になんとかなるって自信があった。結果的に卒業できたのは単に運が良かっただけなのかもしれないのに。

 

根拠のない自信と根拠のある自信

でも夢の中では、急に単位が足りないことに気づくところから始まる。

わかっていたはずなのにやばい。

どうして今になって気付いたのか。

という具合に夢の中で焦っているのである。

 

夢占いによると自信のなさの現れとある。

卒業単位が足りない夢占い

■自信不足の暗示■

卒業単位が足りない夢は前進したい気持ちとは裏腹に障害があって前進する事が出来ないという心の葛藤があらわれています。

卒業というイベントは新しい生き方への入り口を意味しています。

その卒業の単位が足りないという事は何かがアナタの前進を阻んでいるという事になります。

そして、その前進を阻んでいる事は、自分がこれまでして来た事への自信不足です。

yumeuranai-makura.com

 

私は自信がないのだった。

 

これからまた新しく働いたり、勉強していくことについて。この年齢で再就職できるかどうかもわからないことについて。今の生活のままでよいのか常に不安なのだ。何も前に進んでいないと感じているのだ。何かしてないと不安で仕方ないのだ。無職でお金が入って来ないことがどれだけ不安になるのかわかっているつもりで、今はそれほど感じられてないこと自体に不安を感じている。

 

独身だし守るものがないからかもしれない。

 

会社員時代の不安とは明らかに質が違うが新生活が始まるかもしれないとワクワクする反面、いろんな不安を感じているのかも。

 

と夢占いを元に自己分析をしてみる。

 

大学の時のような若さ特有の「根拠のない自信」が強かった時はその自信のおかげで生きてこれた。今の私は「根拠のある自信」を求めているのではないか。当時と違って若さがなくなった分、根拠のないものを信じられなくなっている。

 

根拠のある自信」って何か。数字や資格など目に見えるもの。自分の過去の実績など目に見えて人に伝えられるもの。逆に「根拠のない自信」って何か。それが目に見えない自分の経験や性格などを表すもの。

 

だとしたら今の私は、根拠のある自信なんてものは無い。根拠のある実績などはなく、経歴書に書くことなどたかがしれている。そのせいか頼みの綱である根拠のない自信などは到底生まれない。

 

今すぐは野たれ死にしない。でも動け。私。

2、3日でのたれ死ぬような経済状況ではないけれど1年も無職で過ごせば貯金に余裕が無くなり大きな買い物もできなくなってしまう。

 

でもこの無職という時間を有意義に使いたいという理由から旅行に行ったりしている。

 

いっぱい自由な時間を感じたいために会社員時代と同じようにいつも通り起きていつも通り寝る。

 

昼夜逆転してしまえば社会復帰も困難になるのを恐れているのもある。

 

だけど生活リズムを変えたくないのは、一般的な社会人と比較して普通のことをすることで焦燥感をごまかしているだけだ。とも思っている。

 

今好き放題生きているけどM気質のせいか「しんどかったり、苦しいと思う何かがあって初めて休みが嬉しいと感じたり、好きなことをして楽しいと思う」ってよくある考え方にシフトしていっている。

 

何かを夢中になってしている時には感じないことなんだけど、今は自分に対する負荷が少ないから自信にも繋がらないし達成感もないんだ。

 

 

そんな私はとにかくできることからするしかないのだ!

f:id:kmdwr:20170424134225j:plain

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村