会社辞めた!30代独身女の生活

会社を辞めたので生活環境を変えて生きていたのですが、絶賛就職活動中の無職の雑記ブログです。

むしょくのひとりごと

何も書いてない記事が誤って投稿されてしまいました。iPhoneは難儀だなあ。笑

記事らしい記事ではありませんのでどうぞ飛ばしていただいてかまいませんという内容です。





とある書類が届くのをここ何週間も待っているのですがなかなか届かず、問い合わせたところまだ処理ができていなさそうだとのことでした。


私事で急いでいるのでお手数ですが至急処理をお願いしますと前もって伝えていたのですが、向こうさんも処理数が多く進んでいないと思われるとのことでした。そしてわたし一人のために処理を早く行うということもできないので、順番待ちのようです。


わたしがここ最近、いや、ここ何週間とうまくいかないなあとか、不安とか、前進していない感が強かったのはこの書類のことが大きく関与していました。


なんだか一人だけ突っ走っている気がしたので、友人に相談したところ、それは何でも遅すぎるのではないかという意見。書類の手続きは進めているが、処理を行うのは会社ではないので分からないようです。


俯瞰的な目でこのくだりを見たら、しょうもないことこの上ないのかもしれません。私の人生のごく一瞬の出来事です。でもこの不安感の間に自分ができたことはないか考えても何もできないし、後になって"ああしておけば良かった"とか思うことが嫌で悶々しています。他のことをしていてもソワソワしたりして落ち着かず一人アホみたいになっています。笑



以下独り言開始


なぜこんなことになったのかなんて、思っても仕方ないけれど一つ思ったことは何でも後回しにする癖をやめようということ。気になることがあればすぐに対応すること。これはしたいと思うこともそう。後にすればするほど、あの時ああすれば良かったと思ってしまうことも多くなる。


色々転職したけれど、最近やめた会社では特に思うことがあった。私一人が処理するような仕事なら、私の責任であって納得して反省できるけど人を介することで起こるミスやトラブルはコミュニケーション不足が原因であることが多い。


相手は知っているだろう。分かっているだろう。という思い込みがミスにつながりやすいことは承知している。人間だし仕方ないことだってある。私がもっとうまく確認を取っていれば起こらなかったミスかもしれないと反省することもあった。


だからこそ、確認事項については結構神経質にやってきたつもりなのだ。私なりに。→人からみたらまだまだなんだろう。



でもそういうことが続いていると不信感しか無くなる。この書類の件以外にも実は色々とあった。これらは先月に解消されたので私も落ち着いて対処できた。その時も何度となく確認したり届いた書類に不備があったことも会社側に伝えたりと私は本来なら不要なコミュニケーションをして対応してきたつもりなのだ。


きっとそういうこともあり得る。


って、もっと大きな心で物事を捉えられたらこんなことで悩んだりしなくて済むのにな。


と、無職昼下がりの独り言はこれにて終了。


読んでくださった方ありがとうございました。